車の色にまつわるエピソード

初めて乗った車の色はホワイトでした。

車の色にまつわるエピソード

初めて乗った車の色はホワイトでした・・・ (男性 49歳)

車の色にまつわるエピソード
初めて乗った車の色はホワイトでした。
ホワイトは清潔感があって、何と言ってもホコリが目立ちにくいのがよい点です。
ただ、泥はねなどの汚れは逆に目立つので、洗車をこまめにしていました。

次に乗った車はシルバーでした。
これは一番無難な選択だったと思います。ホコリも目立たず、汚れもそれほど気にならず、多くの人が乗っている色なので、町中で走っていても自分の車だけ妙に目立つということはなく、その点安心して乗っていられました。
ただ、あまりにも無難すぎる色なので面白みがなく、次は違う色の車にしたいという気持ちが次第に強くなっていきました。

そして、現在乗っている車はあずき色です。
これはテレビのCMで見てずっと気になっていた色でした。
実際にディーラーのショールームで見る機会があり、本当にあずきを思わせる温かみのある色で、一目で気に入りました。
ちょうど車検の時期でもあったので、思い切って購入に踏み切りました。
コロンとしたフォルムにあずき色がマッチして愛らしい車です。
ホコリが若干目立つ以外はとてもいい色だと思っています。

【参考】